法で定める基準

  • TEL:03-3521-8701|営業時間:8:00〜17:00(平日)
  • メールで直接お問合せいただく場合|seisan@woody-art-hosoda.co.jp
  • メールで直接お問合せいただく場合|seisan@woody-art-hosoda.co.jp

法で定める基準

法で定める基準

不燃材料とは建築材料の内、不燃性能に関して法令で定める技術的基準に適合し、国土交通大臣の認定を受けた材料のことを言います。
建築基準法施行令に、不燃材料は「加熱開始後20分間燃焼しない、有害な変形・溶融・亀裂その他損傷を生じない、有害な煙・ガスを発生しないもの」という技術的基準が定められています。
この技術的基準を満たしているかどうかについて、木材の場合は一般的に「発熱性試験」と「ガス有毒性試験」という2つの試験を行ないます。
発熱性試験にはコーンカロリーメーターという試験機械を使います。
コーンカロリーメーターは試験片の酸素の減少量により、どれだけ燃焼したかがわかる仕組みになっています。国交省の不燃材料認定の基準は、次の3点です。

  • 1.加熱開始後20分間の総発熱量が8MJ/㎡以下である
  • 2.加熱開始後20分間の発熱速度が10秒以上継続して200Kw/㎡を超えない事
  • 3.加熱開始後20分間に裏面に達する割れや防火上有害な変形がない事

これら3点の条件について準不燃材料や難火燃材料では試験時間が、それぞれ10分、5分間クリアーする事が必要です。 さらに、発熱性試験に合格したものについては、ガス有毒性試験が行なわれています。 避難上有害な煙、又はガスを発生しない事が求められます。 この2つの試験は現在全国に4機関が指定されており、これら機関で認定を受けたもののみが不燃材料として使用出来ます。

不燃木材製造工程

  • 不燃木材製品価格表
  • お取扱いについて
  • 認定一覧表
  • 法で定める基準
  • 内装制限
  • 木材加工のプロが加工
  • お電話でのお問い合わせ|03-3521-8701
  • ご相談・お問い合わせ